Peace and Passion

ピース・アンド・パッション

ミッション

Everyone's peace of mind and passion

誰もが心の平穏と情熱を持って日々を過ごせるように

ピース・アンド・パッション(愛称 ピース!)は平野聡博士(産業技術総合研究所・東京大学)、相川和希(筑波大学)と慶應義塾大学、茨城大学などの研究者・学生が設立した社会的企業です。平野博士が開発している需要経済とH-Marketモデルに関する研究を基に、地域経済の活性化、所得の向上、格差問題と地球温暖化の解消を目指して最先端の研究開発に取り組んでいます。

リクエストランド: 「欲しい」「役に立ちたい」を実現する、人とリクエスト中心のマーケットプレース。

バンバンボード: 決められる「決めるアプリです」。買い物に、仕事に。

1. 貧困ゼロ、2. 飢餓ゼロ、8. まともな仕事と経済成長、10. 不平等の撤廃、13. 気候変動対策、16. 平和を実現します。

リーダーシップ

平野 聡 博士(工学)

会長、創設者。情報工学者、ソフトウェア作家、社会起業家。新潟県十日町市出身。

東京大学大学院 工学系研究科情報工学専攻 博士課程修了、国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員、東京大学 生産技術研究所 リサーチ・フェロー、東京工業大学 元非常勤講師。

作品: リクエストランド、バンバンボード、ランチョ: 共通価値インデックス、HORB、Demacs、hterm、hml、Ring Server。

実績: オープンソース・ソフトウェアがMIT、IBM、宇宙航空研究開発機構 JAXA、高エネルギー加速器研究機構等など世界の多くの大学・企業で利用され、日経BP技術賞、内閣府産学官連携推進功労者表彰 日本経済団体連合会会長賞等を受賞。

本サイトの内容は産総研と東京大学を代表するものではなく、個人としての見解です。

相川 和希

代表取締役、共同創設者、社会起業家。1995年 静岡県三島市出身。

筑波大学理工学群工学システム学類卒業、筑波大学理工情報生命学術院 システム情報工学研究群博士前期課程在学中。つくばビジネススクール修了、産業競争力強化法特定創業支援事業支援認定。

協力スタッフ

J. Christopher Connelly, Ph.D.

ハーバード大学物理学科卒業、デューク大学大学院博士課程コンピューターサイエンス専攻修了 博士、米大手IT企業テクノロジスト。

鈴木 慎司 博士(工学)

東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了 博士(工学)、気象情報会社、外資系コンサルティング企業を経てコンサルタント、フルスタック・ソフトウェア開発者。

ボランティア募集

社会を良くしたい人、世界で活躍したい人募集。学生歓迎。未経験可。ガッツと能力、日本語・英語が必要。副業歓迎、特に事務・マーケティング系が必要です。曜日、時間は応相談。就活の実績づくりは不可。

問い合わせ request-land(at)peace-and-passion.com

カルチャー

私たちはアートを追求する。判断に迷った時はミッションと自分の良心に従う。
オフィスは朝8:30から。元気よく挨拶。ファッションはカジュアル。毎時10分の休憩時間。毎日緑の多い大学内でランチの後にウォーキング。帰宅は18:30。22時半より前に就寝。
大家族のような会社。学習アニマル。毎日、新聞と読書。夏は北アルプスなどで山登りとビーチでボディボード。スマホ・カフェイン中毒者なし。

企業概要

名称 Peace and Passion株式会社
所在地 305-0005 茨城県つくば市天久保2-4-1 105
創設 2015年
代表取締役 相川 和希
電話番号 029-845-4668
ご連絡は問い合わせフォームからお願いします。営業活動の連絡はお断りします。
備考 国立研究開発法人産業技術総合研究所技術移転ベンチャー企業
国立大学法人筑波大学ベンチャー企業

子供は元来機嫌がいい。よく笑う。

ー なぜリクエストランドを始めたのか、経緯と現状、お願い ー
Note風に
平野 聡

コロナ危機からの復興に向けて立ち上がる時

コロナ禍でみんなが苦しんでいるなかで、安全な買い物と販売で使っていただけるように、また苦境にある人が収入を得られるようにと無料公開を始めてから1年半経ちました。

ワクチン接種も進みつつあり、コロナからの復興に向けて立ち上がる時が来ました。そして、私たちの無料での公開も、手弁当で無報酬での活動も終わりしないといけない時期になりました。

皆さんの力強い復興を支援するために、販売者が基本部分を無料で使える方針は維持し、全力での開発を続けます。

コロナで亡くなったり、生活に困る人が相次いでいるので、安全なこのサービスをもっと使ってほしい。これを成長させて世界中で使われるようにして、私たちの財務基盤も確立したいと願っています。

そこで、多くの人の参加とご助力を願って、リクエストランドを始めた動機を書こうと思います。やらなければならない理由が3つあります。

  • 子供と、親のため
  • 仕事に行くのが辛い人のため
  • 弟・妹のため

子供は元来機嫌がいい。よく笑う。

親は子供の将来が心配で、勉強させようと強いプレッシャーをかけてしまいます。誰でも嫌というほど分かっているように、グローバル化と情報技術の発達で、社会の格差がどんどん大きくなっているためです。

それが行き過ぎて、いろいろな形の悲劇になっています。子供との不和。不登校。あるいは、家出。

家出をした少女がSNSで泊まるところを探して、殺害されたり消えない心の傷を負う被害に遭っています。子供の家出は年間1万7000件に上り、一つの町の人口にも相当します。

NHKは、家出をした少女がSNSで泊まるところを探して被害に遭う実態や、子供を救おうと多くの人たちが懸命の活動をしているが、件数が多すぎて手が回らない実状を取り上げています

親が子供を虐待したり殺める事件が多いです。激烈な競争社会。事件の親たちも、会社で相当なプレッシャーがあったのはないでしょうか。

どう考えても、子供が不幸な社会は間違っていますね。子供が幸せでいるためには、親が幸せでないといけません。

育児書を読んでいたときのこと、大変驚くことが書いてありました。「子供は元来機嫌がいい。よく笑う。」だったか、そんな言葉です。確かにそうでした。本を読んでこれほど衝撃を受けたことはありません。人間の生まれつきの性根は、「機嫌がいい。よく笑う。」だったからです。(人はなぜ、大人になる途中で、それを忘れて、気難しくなってしまうのでしょうか?)

私は、子供達のために、まず、親に幸せになってもらいたい。そのために、お金が十分行き渡るようにして、この行きすぎている競争を和らげたい。あなたや、あなたの子供がランドに来ればいつでも収入の機会(リクエスト)があるようにしたい。それがリクエストランドを始めた第1の理由です。そして、私自身の理由もあります。

ひとつ注意があります。リッチな人の中には、「格差の解消」を目にすると、「俺の財産を奪って、他に渡そうとしているに違いない。絶対阻止してやる」と思う人もいるかもしれません。

違います

格差の「問題」とは、お金が必要な人に行き渡っていないこと。まともな生活に必要なお金が流れてこないことです。このサービスの目論見通りに行ってお金が必要な人に行き渡るようになれば、地域の景気が良くなったり、今までお金が足りなくて買えなかった物、例えば、靴をもう一足買えるようになって(需要の拡大)、あなたの会社の業績や株も上がるでしょう。経済の拡大に伴って国が発行するお金は増えるので、お金全体が増えます。よくいう、「パイの奪い合いより、パイの拡大」で、みんながハッピーです。アグレッシブな人(私も含む、タイプA)にとっては、リクエストランドによって競争が幾らかでも緩和されて、将来への不安と健康への悪影響が和らぐことが重要かもしれません。

漂流したい

仕事に行きたくないと思ったことはありませんか。

私の仕事は情報技術の研究開発で、熾烈な競争の世界です。世界一か、世界初の成果(イノベーション)を出すことが仕事です。

34歳のときでした。昼も夜も猛烈に頑張って、世界で使われるヒットをいくつか出すことができました。ところが、無理をしすぎたようでどうも調子がおかしい。やがて、重いうつ病になり、倒れてしまいました。

出勤しようとすると、心にロックがかかって家を出られません。うつ病の薬を飲んで、なんとか家を出て机に辿り着いても頭が動かない。しかし、家族を連れて路頭に迷うわけにはいきません。成果を出し続けるのが仕事です。

ひとり小舟で流されて、太平洋を漂流したい。何もすることなく寝ていたい。しかし、出勤して、仕事をしなければ、、、。講演のために出張をして、原稿も仕上げなければ、、、

5年後、思い切って、徐々に薬をやめました。代わりに、ハッピーという犬を飼い始めて、毎日、朝と晩に散歩をするようになりました。ハッピーはラブラドールで、とても暖かな性格の、人なつこい犬でした。

ハッピーに連れられて野の道を歩くようになって、自然の美しさを知りました。

野に日が沈むとき、空のグラデーションが本当に美しい。西の空に広がる夕焼けに金星が光り、上を見上げるとまだ青い空に月が輝いています。「こんなに美しい星に住んでいたのか。こうやって歩けることは幸せだ」。

ハッピーと歩きながら深く悩みました。どうして出勤できないのか。私の意思が弱いせいなのか? 本当に問題なのは何なのか。

人生を捧げるもの

困難は10年以上続きました。人生で一番仕事ができる時期のはずでした。原因がプレッシャーだと分かるのにずいぶん時間がかかりました。

そして、多くの人が同じようなプレッシャーや、強い不安の中で日々をやりくりしている現実がわかりました。家族と多くの人に迷惑をかけて、助けてもらいました。人の辛さと、人の情けが多少は身に沁みるようになりました。

そんな中で、驚くことがありました。研究の功績で賞をくれるというのです。授賞式は京都の国際会議場で、壮大な建物でした。舞台上には大臣と受賞者が並び、受賞記念の講演をしました。

受賞者の中には、後でノーベル賞を受賞する科学者もいました。まだ認知症になる前だった親や家族も連れて行きました。親は子供の晴れ姿と思ったでしょう。何枚か写真を撮りました。

そういったことが転期になって、健康を取り戻していきました。運が良かったのかもしれません。

ある秋の天気の良い日、ハッピーと萩が咲く道を歩きながら、人が幸せなるような研究をしよう、それに人生を捧げよう、と心に決めました。これが2番目の理由です。

ピース・アンド・パッションを作る

すっかり良くなっていた、2013年のことです。個人情報を守るための新しい暗号理論を考えていたら、偶然、H-マーケット・モデルという仕組みを考案しました。

普通だったらこれで大儲けするんだろうなと思いつつ、これをうまく使えば、行きすぎた競争社会やお金が足りない問題を何とかできるのではないかと考え始めました。時代はちょっと何か新しい経済の仕組みを必要としていて、それは誰でも使える情報技術(単なるアイディアではない、アプリとサーバー)として実現されるべきものです。なぜなら、情報技術の発達で生まれた格差の問題を解決できるのは、やはり情報技術でしかないからです。

今度は、単騎で飛び出して疲れ果てるという失敗を繰り返すわけにはいきません。健康を第一にして、組織的に進めようと考えました。次の世代を育てることも大切です。近くの大学で相川君との出会いもあり、ピース・アンド・パッションを設立しました。

誰もが心の平穏と情熱(ピース・オブ・マインドとパッション)を持てるようにしたいと、それをそのまま名前にしました。パッションには受難(無償の愛・アガペーのための犠牲)という意味もあり、その後の復活と繁栄を暗喩しています。

大学のそばの、学生マンションの小さなひと部屋を借りて、夢を紡ぐオフィスにしました。隣は公園で、周りには学生相手の安くて美味しい店がたくさんあります。昼食の後には、緑の多い大学(とても広い)の中で将来の夢を話しながらウォーキングをして、気分は爽快です。

大学の側でオフィスが質素、優秀な学生が多い。マッチングサービスや広告はかなり高いのが普通ですが、このお陰でサービスの価格を抑えられます。 たとえお金を払えない時でも頼りになる、そういうものが必要だと思いませんか。

春と夏には山登りに行きます。天気の良い日に北アルプスの稜線を歩いていると、宇宙に手が届くような紺碧の空に、白い雪渓を抱く槍ヶ岳や穂高連峰の山々が広がります。美しいお花畑や岩稜のスリルもあって、ワクワク楽しく、最高の気分です。

リクエストランドを作る

さて、今までにない仕組みのサービスを実現して世界中の人に使ってもらうには、世界最高水準のシステムの開発と普及活動を行う必要があります。開発の分量が多いうえに、技術の変化はとても早いです。未経験の技術を次々と習得しつつ、膨大なコードを書いています。

私たちは世界の片隅の小さな部屋にいますが、ネットワークで世界中のソフトウェア開発者とつながっていて、時には手伝ったり手伝ってもらったりして進めています。

そうやっているうちに、疎遠にされていた弟に旅立たれてしまいました。競争を好まない、優しい弟でした。

相川君と、時にアルバイトや協力者の方々と粘り強く頑張って、便利で面白いアプリが形になってきました。何年もかけて作ってきた、血と汗の結晶が、いよいよ普及フェーズです。

コロナ禍が始まった中で、安全なリモート購入と販売にぴったりであるため、緊急に無料公開を始めました。開発途上ではあるものの、アプリは190カ国で使えるようにして、ウェブサイトは3つの言語で作っています。

人類はみな弟

これはオリンピックで金メダルを取るようなものだねと話しています。選手は早寝早起きの節制した生活をして、厳しい練習を積みます。そして、自分の才能と努力を信じて突っ走るだけです。私たちもそんな感じです。

私たちの金メダルとは、なんでしょうか?

ひとりひとり、誰でもが心の平穏と情熱を持って暮らせる世の中が来ること、子供が笑っていること、それだけで十分です。

時々、弟の夢を見ます。「あれっ、元気だったか」と言って一緒に過ごし、笑います。

弟のために誰かが手を差し伸べてくれていたら、、、

私は、世界の一人一人が、、、あなたも、、、弟や妹であるように思って、努力を続けていきます。

あなたも一緒に、金メダルを

誰でも、何かしらの貢献で金メダルを持つことができます。また、リクエストランドも協力を必要としています。

ここに来て、普及の手段を持っていない現実に直面しました。無料で使えるようにしてきたため、広報の費用もありません。ぜひ普及に力を貸してください。

初めてログインをすると、セットアップ画面が開き、ご友人に招待メールを送るようにご案内します。ご協力のお礼にオプション機能をプレゼントします。ランド・ドメイン名の購入は運営費用になります。

ぜひ、リクエストランドを安全なリモートでの買い物や販売、復興に使ってください。参加者が増えると、「こんなものが欲しい」と書いて、普通のお店でもネットショップでも使えるようになります。多くの人の命が助かりますし、地域の活性化につながります。

一木一草でも助けになります。